Kiwi Cafe

アクセスカウンタ

zoom RSS 新潟へ行ってまいりました 〜大地の芸術祭の里〜

<<   作成日時 : 2010/06/19 20:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は朝から雨。

この時期なんだから仕方ない。

朝食を早々に済ませ、大地の芸術祭の里へ。
http://www.echigo-tsumari.jp/

まずは情報収集のため、農舞台へ。

みなさん親切にいろいろ教えてくれました。ありがとうございます^^

からくりトイレも面白い。ははは。すっかりだまされました。

ここは建物自体柱が1本もないという不思議な建物。階段が柱代わりになっている建築方法だそうですよ。

黒板でできた部屋や、オブジェをいくつか紹介してもらって・・



そして目玉の作品。イリヤ&エミリヤ・カバコフの”棚田”を見ました。

画像


4年に一度大きなイベントをやっていますが、今年はその年ではないのでひっそりした感じ。

宿泊施設もいくつかあり、何だかおもしろそう。その中のひとつ、”夢の家”と言うところに今度泊まって見たいな〜


cafeもたくさんあって、マクロビオティックにこだわっていたり、とにかく地元の山菜やお野菜をたくさん使った食事にこだわっていて、ヘルシーでおいしそう。cafeのインテリアもと〜ってもステキ。^^

画像


どこでランチにしようかな〜

なんて考えていたのですが、、、

なんと、二つ目に訪れた”脱皮する家”で、管理人の方が丁度ランチ中で、「お昼まだだったら食べませんか?」と、お昼をご馳走してくれたんです!!

山菜が新鮮でしゃきしゃきしてて、とってもおいしかったです。ご馳走様でした〜^^

画像


鞍掛純一・日本大学芸術学部彫刻コース有志”脱皮する家”は、全部彫刻等で手彫りされたお家。すごいです。

画像


続いて古巻和芳+夜闕H房”繭の家”へ。

こちらも地元の主婦の方が管理人をされておりまして、お茶をご馳走になりました。

真っ暗の中で見た繭のアート。

すごくきれいでした。今日見た中で一番好きな作品です。

画像


画像


次はクリスチャン・ボルタンスキー+ジャン・カルマン”最後の教室”。

暗い中にライトと扇風機。ふわふわの藁と藁の匂い。不思議な空間です。

その先にある廊下は不思議な照明で、肝試しでもしているような雰囲気。

画像


最後に見たのは行武治美”再構築”。

たくさんの丸い鏡で覆われた家。何もない草原にぽつんと建っています。

画像


他にも見たかったのですが、今日は日本xオランダ戦の日。

試合開始前に帰宅してたいよー

と言うことで、ここで終了〜^^;

また今度、イベントの時にでも来るかな〜?

作品は広い範囲に点在していて、たっくさんあって、しかも探すのに苦労するので全部見ようと思ったら、3日くらいは滞在しないと無理かも。

アート好きな人にはきっと楽しめると思います。^^

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新潟へ行ってまいりました 〜大地の芸術祭の里〜 Kiwi Cafe/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる